Archive for the ‘未分類’ Category

au、2017年夏モデル耐久性と快適な通話性能を重視した5インチスマートフォン「Qua phone QX」登場

火曜日, 8月 29th, 2017

ディスプレイ全体で音を伝える京セラ独自技術「スマートソニックレシーバー」搭載により、耳当て位置を問わず使用可能です。さらに、耳を覆うようにすることで騒がしい場所でもクリアに音声が聞こえます。10分以内に同じ電話番号から再び着信があった場合、着信音量を徐々に大きくしてお知らせするため、大事な電話着信にも気づきやすく、また、不在着信を確認するまで、繰り返しお知らせする機能も搭載しています。 信頼の耐久性能
MIL-STD-810G に準拠した耐衝撃性能を備え、ディスプレイ部のガラスにはキズつきにくく、高い強度の「Dragontrail X」を採用しているため、うっかり落としても安心です。また、急な雨やキッチンなどの水回りなど様々な利用シーンで安心して使える防水・防塵性能を搭載しています。激しい揺れや動きのある環境でも使える耐振動や、夏の屋外やウィンタースポーツでも安心の温度耐久性能も装備しています。いつまでも安心して使用いただくために、商品の企画から設計、開発、試験、製造のすべての工程を日本国内で実施している機種です。

おサイフケータイ対応のAndroid One「X1」、6月30日発売 一括6万5300円

土曜日, 8月 12th, 2017

ソフトバンクは、Y!mobile向けのAndroid Oneスマートフォン「X1」(シャープ製)を6月30日から販売しました。一括価格は6万5300円(税別、以下同)で、頭金500円+2700円(×24回)の分割払いも可能。利用料金から割り引く「月額割引」は、新規契約と機種変更の場合、スマホプランSが月額900円、MとLが1400円適用され、24回の割り引き額を引いた実質価格はSが4万3700円、MとLが3万1700円。MNPの場合、月額割引はスマホプランSが月額1400円、MとLが1900円適用され、実質価格はSが3万1700円、MとLが1万9700円です。Android Oneでは、発売から18カ月以内に1回以上のOSアップデートを保証するほか、セキュリティアップデートが毎月実施されます。X1はAndroid Oneとして初めてFeliCa(おサイフケータイ)と指紋センサーに対応するほか、メモリ/ストレージが従来機(S2)の2GB/16GBから3GB/32GBに増量されました。また、初期状態で日本語版のGoogleアシスタントにも対応します。IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)もサポートしていて、バスルームでの利用も可能となっています。他にワンセグも利用でき、VoLTEはより高音質場VoLTE(HD+)をサポートしています。カメラはアウトが1640万画素、インが広角対応の800万画素を搭載しています。

82歳の女性がアップルで認められる!

日曜日, 7月 16th, 2017

どういうことなんでしょうかね^^82歳の女性がなぜ、アップルで認めらているのか・・。それは、スマホのゲームを開発したことから。

女性がしかも80代の女性がなぜスマホのゲーム開発ができるのか、それ自体がすごいことですが、アップルのCEOクックさんともお話したことがあるそうです^^

この女性が開発したゲームとして紹介されていたのが「おひなさま」のゲーム。お雛様の7段飾りが空白になっていて、下段に並んでいるお雛様たちを指でタッチして移動。正確に並べられるか、というとてもシンプルなゲームです。

たんにこのゲームを開発したからすごい、というのではなくて、シニア世代がスマホを使う時に苦手とする動作は何か、そしてシニアのものの考え方がここには反映されているんですね。なので、今までスマホのゲームとは無縁だった人も遊べるかも、という可能性があるんです。

ニュース23で扱われたこのニュース。興味のある方はYOU TUBEで検索してみてください。

ポケランドが遊べます!

火曜日, 7月 4th, 2017

ポケモンから新しいスマホのゲームが発表されたそうです。名前は「ポケランド」。実は今、「先着1万名限定でAndroid版のαテスターの募集している」とのこと。Androidじゃない私は残念で仕方無いです^^

どのような内容のゲームかと言うと、敵のポケモンをやっつけてそれを仲間にしながら進めていくというもの。きっと・・アニメのポケモンと同じなのかな?^^違っていたらごめんなさい!

Androidではみんなでαテストというタイトルで、先行プレイヤーを募集しているそうです。ポケランドの公式のサイトがあるのでそこから応募してみてください。今月の9日15時までは応募を受け付けているとのこと。先着1万名ということで・・どうかな、間に合うかな?^^

今、気になってこのポケランドのホームページをパソコンから覗いて見たんですが、ありゃ?とっくに募集は締め切られていましたね^^先月31日からスタートしたんですが、その時点でもう1万名に達していたようです^^ポケモンGOがあれだけヒットしましたからね。ポケランドも人気が出そうです^^

日本の球場をより身近に感じてもらうために

金曜日, 6月 16th, 2017

台湾の人達が親日家であることは知っていますし、野球が好きということも。このような理由もあってか、パ・リーグでは2015年から台湾で行われている旅行博に出展しているそうです。パ・リーグだけ参加しているみたいなのですが、やはりセ・リーグの方が観客動員数は多いのでしょうね。台北で「台北国際旅行博」という名称で開催されたそうです。

出展の際にはパ・リーグの試合の観戦チケットが付いた旅行商品の販売なども行われたそうで、今回あらたにVRを使ったイベントも開かれたとのこと。所沢にある西武球団の本拠地、メットライフドームをVRで体験できるものだそうです。

台湾のテレビでもパ・リーグの試合は放送されているそうで、日本ハムの大谷投手や楽天の則元投手が有名なんですって。日本も台湾も同じですね^^アメリカの大リーグを観に行くには時間もお金もかかりますが、日本であれば台湾から3~4時間。同じアジアだし親近感もあるし。パ・リーグが力を入れるのも頷けますね。

BUFFALO(バッファロー) アクティブスタイラスペン

日曜日, 6月 11th, 2017

ラバー製ペン先なのに極細を実現。従来ゴム製のペン先の場合は接地面を確保するためにペン先が太くなる傾向にあったのですが、このスタイラスペンでは直径2.6mmという極細を実現しています。アクティブタイプを採用することで、スタイラスペンの下部を握るようにしてそこから充分な静電気を送ることが可能になりました。程よい硬さと耐久性を兼ね備えているペン先により紙の上にペンで書くような感覚で文字や絵を描くことができます。単4電池1本で12時間の連続使用が可能で、またスタイリッシュなペンケースが付属しているので携帯性も損ないません。ゴムの書き心地がいいけどなるべく細いペン先がいい! そんな人にはこのスタイラスペンがおすすめです!
「いろいろとスタイラスを試しているが、これは逸材。硬質強化ガラスの保護フィルムでもストレス無く認識する(iPhone 6s Plus)、ペン先も細くてボールペンで書いているようである。」
「ペンとしてよく考えられたデザインです。太さが大人の手には丁度良いサイズです。重心もボールペンの原則にならった位置に設定されています。普段使用しているボールペンとほとんど同じ感覚で使えるので違和感がありません。」
という口コミもあります。

公式ブログで発表

木曜日, 5月 25th, 2017

そろそろポケモンGOで皆さん待望の協力プレイの導入が始まるようですよ。これによって、「ポケモンGOのプレーヤーがまた太陽の下でゲームを楽しむきっかけになるだろう」と言われたそうです。では実際に協力プレイとは一体どんなものなのか・・。

一緒に居る人達が協力してバトルできる、というものでしょうかね。ポケモンをゲットする時に一緒に協力、というのではなくて、あくまでジムでのバトルで行われるのでしょうか。ただ、ジムに2人でせ~の!でバトルに参戦すると、もう1人のポケモンが見えるんですよね。同じ場所で戦っている様子が。なので、新しいバトルがどのようなものになっているのか、すごく興味がありますね~。

私としては、あまりバトルはやらない方なんで、ポケモンのトレード機能が早く始まると嬉しいのにな・・といった状態にいます。あとまだ年内に大きなバージョンアップがある、とポケモンGOの責任者の方が仰っていたので、それを待ちたいですね♪

“iPhoneに関してもいろんな噂が飛び交っている “

木曜日, 5月 18th, 2017

iPhoneは現行世代の製品で、本体のイヤフォンジャックを撤廃しました。それでどうやって音楽を聴くかというと、Lightning端子を使った変換ケーブルを介してイヤフォンをつなぐのだ。製品にはこの変換ケーブルがデフォルトで同梱されているのです。コネクタ部分にはデジタル信号をアナログ信号に変換するDACとアナログアンプが内蔵されていて、それで通常のイヤフォンを接続して音楽を楽しめるようになっています。そして、今後、このLightning端子が廃止されてUSB Type-Cになるとかならないとか、いろいろな噂が蔓延しているのです。個人的には、外で音楽を楽しむときにはiPhoneを使っています。音源は現時点でCDがベストという方針なので、そのCDから音楽を取り込むためにはPCが便利だし、その音楽管理と、デバイスとしてのiPhoneへの音楽データ転送にはiTunesが便利です。いろんなソリューションを試してはいますが、今のところiTunesに勝るものはまだありません。ですから、iPhoneでの音楽再生を少しでもいい音で聴きたいというのがささやかな願いでもあるのです。ところが、iPhone 7に付属している変換アダプタの音質はお世辞にも素晴らしいとはいえないのです。あの小さなスペースにDACとアナログアンプを実装しているのは、まるで魔法のようだと感心するが、もうちょっと欲張ってほしかったとも思います。

らくスマを30代の人が使ってみると・・

月曜日, 5月 1st, 2017

私もたまに感じることがあるんですよね。アイフォンなんかよりもらくスマの方がもしかしたら使いやすいのでは?と。ドコモのスマホで、富士通の「らくらくスマートフォン4 F-04J」。シニア層を中心に好評のスマホで、機能は最低限に抑え、そのぶん使い易さを重視した作りになっています。

最新機種ではLINEの全ての機能がほとんど使えたり、グーグルプレイにも対応できるようになったりと、ほぼ私がアイフォンでやっていることは全て可能^^なので30代の男性が使ってみての感想、というネット記事にも興味を持ったんです。

実際使ってみての感想ですが、画面の表示は見やすく使いやすい。文字入力は軽く押しこまないといけないので、時間の経過とともにちょっと面倒に。ポケモンGOは片手でも持てる大きさのスマホなので、片手操作でボールを投げ、ポケモンを捕獲することが可能。ダ・ソーンでのスポーツ中継も快適そのもの。とのこと。これ、やっぱり良さそうです♪

“507SHは2年間のアップデートに対応していて、防水 “

火曜日, 4月 25th, 2017

Y!mobile専売モデルである、シャープの507SHです。Android Oneというブランドのスマホで、発売から2年間はOSがアップデートされるのが特徴です。つまりおそらく、Android 8.0くらいまではアップデートされることが考えられます。同じようにアップデートが長期間行われる海外製のNexusシリーズは非防水ですが、507SHは日本のシャープが開発していることもあって、防水にも対応しています。価格は5万円台と高めですが、OSのアップデート保証があるため長い期間使えるのは大きなメリットとなるでしょう。バッテリーを3010mAhも搭載していて、持ちが良いのもうれしいところです。動画を見ていてもみるみるバッテリーが減るということもなく、実に頼もしい部分です。バッテリー食いとも言われるFacebookアプリも入れて使ってみましたが、1日充電を忘れてもなんとか大丈夫なぐらい使えます。もちろん使い方にもよると思いますが、「スマホ依存」していない人なら2日ぐらいは大丈夫なのではないでしょうか。カメラはリアが約1310万画素、フロントが約500万画素と画素的には十分以上でしょう。カメラの機能も通常の撮影と動画のほか、被写体以外をぼかす「レンズぼかし」や横方向に動かして横長写真にする「パノラマ」、360度スマホを動かして360度画像が作れる「Photo Sphere」が用意されています。