「ローソン」無人レジ導入へ

1月 17th, 2018

コンビニエンスストアでも、スマホを活用した新たな動きが出ています。人がいない状態のレジですが、スマートフォンのアプリを使えば、商品のバーコードを読み取るだけで決済ができるのです。そして、表示されたバーコードを、タブレットにかざすだけで、決済から退店まで行うことができます。コンビニ大手のローソンが、無人レジやAIなど、最新技術を集めた実験施設を、報道陣に公開しました。ある商品には、電子タグが埋め込まれていて、専用のバッグに入れて、ゲートを通るだけで、レジを通らずに買い物することができるということです。さらに、ある商品棚は、商品を手に取ると、センサーが感知して、商品情報が表示されたのです。商品の情報をすぐさま表示し、気になるカロリーもすぐにわかるということです。ローソン・竹増社長は「人手不足、非常に緊迫した状況にもなっています」と話しています。人手不足が深刻化する中、24時間営業を存続させるため、技術によって効率化を進め、人は人にしかできないサービスを向上させる戦略だということです。

鉄道車両型のUSB AC充電器とUSBケーブルが登場

1月 13th, 2018

アーバンは、新幹線や在来線の車両をかたどったUSB AC充電器とUSBケーブルの商品「スマ鉄」を12月中旬に発売しました。「スマ鉄」として発売される商品は、USBポート搭載のACアダプター、Lightningケーブル(MFi認証取得済)、microUSBケーブルの3種類です。JR東日本の許諾を得た車両デザインは商品によってラインアップが異なり、たとえばACアダプターはE5系はやぶさ、E6系こまち、E7系かがやき、E235系山手線、E233系京浜東北線、E233系湘南新宿ライン、E233系中央線の7種類が用意されます。一方、LightningおよびmicroUSBケーブルは新幹線のみが用意されています。USB ACアダプターのうち新幹線タイプは車両の先頭部のカバーをはずせばUSBポートが現れます。在来線タイプは車両の底部にUSBポートがある。一方、USBケーブルはいずれも新幹線型で先頭部のカバーを外すとUSB端子(オス)があり、同じ「スマ鉄」のACアダプターに繋ぐと、新幹線の車両連結のような形になります。

セブン銀行で「LINE Pay」、ATMチャージ・出金が可能に

1月 9th, 2018

セブン銀行は、全国のセブン銀行ATMにて、「LINE Pay」の入出金サービスの提供を開始しました。「LINE Pay」は、LINEアプリから利用できるモバイル決済サービスです。オンライン決済や個人間送金に対応するほか、プリペイドの「LINE Payカード」も用意し、JCBの加盟店で利用することもできます。セブン銀行はセブン-イレブンを中心に全国に2万8000台以上のATMを展開。そのすべてのATMで、LINE Payへのチャージ(入金)とLINE Payからの出金に対応します。チャージは手数料無料で、1回1000円から受け付けます。LINE Payカードまたはスマートフォン(LINE Payアプリ)から利用でき、出金は1回1000円~で、1日1万円までとなっています。出金手数料が1回216円かかります。LINE Payカードを利用する場合、キャッシュカードと同様に、カードを入れると入金(チャージ)・出金画面が表示されます。アプリでは、ATM上に表示されるQRコード(ワンタイムコード)を読み込んで利用します。

スマホのバックアップ方法はたくさんあります。

12月 23rd, 2017

スマホのバックアップなのですが、きちんとこちらの取っておきたいものです。
しっかりとバックアップを取って、データを守ってあげるようにしましょう。
そうしないと大事なデータが消えてしまう事になりますから注意が必要です。
スマホのバックアップも取り方はさまざまです。
Androidスマホの場合は色々なバックアップ方法が選べるようになっていますよ。
バックアップの方法として、クラウドストレージを活用するのはデータを守るのにもおすすめですよ。
紛失させるような事もなく、データが守られるのでおすすめです。
Googleを活用してバックアップを取ることができます。
また、昔から使われる方法としてはSDカードですね。
SDカードにそのまま保存ができるので、カードを大事に保管をしておけば全然大丈夫ですよ。
アプリなんかを使用してバックアップを取る方法などがあり、色々なものを活用できるためしっかりとバックアップを取るようにしてみてください!
バックアップも何かあった時に取っておいてよかったと思えると思います。
しっかりとバックアップを取って大事なデータを保管しておくとほっとしますよ。

スマホのバックアップはとっても大事なのでSDカードへ

12月 16th, 2017

スマホのバックアップも日頃からやっておきたいものですよね。
スマホの故障というのは結構あったりします。
故障だけでなく、やっぱり事故なんかもありますから、そんな時のためにもバックアップはしっかりと取っておきたいものです。
スマホのバックアップも色々な方法があります。
スマホの中にはたくさん大事なデータがあると思います。
簡単な方法としてはSDカードにスマホデータを入れておくといいですよ。
SDカードに入れれるデータとしては、電話帳、メール、動画、写真、音楽などなど色々なデータを入れることができます。
スマホの中にはたくさんデータがあります。
そのデータによってSDカードの容量も考えて入れて置くといいですよ。
SDカードにしっかりとデータを取って保管をしておけば、何かあった時にはすぐにデータを入れることができます。
スマホが壊れてしまえば、データが取り戻せないなんて状態もありえます。
そんな時のためにもしっかりとデータを残しておけるようにしておけば安心ができます。
データを守っていくためには、SDカードをしっかりと活用をしてみてください。
データを取っておけば取っておいてよかったなと感じることができますよ。

神社もIT化? 貴船神社の“QRコード”おみくじ

12月 8th, 2017

貴船神社は5世紀に創建されたとも伝えられる歴史ある神社で、水神を祭っているのですが、縁結びの神様として信仰があり、女性やカップルに人気があります(その一方で、「丑の刻参り」発祥の地としても知られています)。国内外から参拝客が集まり、常ににぎわいを見せている有名な観光地なのです。有名なのが「水占(みずうら)みくじ」です。一見白紙なのですが、水に浮かべると文字が浮かび上がってきて結果が分かる――という一風変わった趣向で、1回200円で引けます。 この水占みくじが進化を遂げていたのです。その進化とは、おみくじの紙に2次元コード(QRコード)が記載されていることです。スマートフォンでコードを読み込むと、おみくじの結果にアクセスできる仕組みになっていて、外国人観光客が多い貴船神社らしく、英語、簡体字、繁体字、韓国語にも対応しています。例えば「恋愛:人に頼みて吉」は「Love:Fortune favours those who ask for help」になります。

スマホのバックアップ方法はたくさんあります。

11月 13th, 2017

スマホのバックアップなのですが、きちんとこちらの取っておきたいものです。
しっかりとバックアップを取って、データを守ってあげるようにしましょう。
そうしないと大事なデータが消えてしまう事になりますから注意が必要です。
スマホのバックアップも取り方はさまざまです。
Androidスマホの場合は色々なバックアップ方法が選べるようになっていますよ。
バックアップの方法として、クラウドストレージを活用するのはデータを守るのにもおすすめですよ。
紛失させるような事もなく、データが守られるのでおすすめです。
Googleを活用してバックアップを取ることができます。
また、昔から使われる方法としてはSDカードですね。
SDカードにそのまま保存ができるので、カードを大事に保管をしておけば全然大丈夫ですよ。
アプリなんかを使用してバックアップを取る方法などがあり、色々なものを活用できるためしっかりとバックアップを取るようにしてみてください!
バックアップも何かあった時に取っておいてよかったと思えると思います。
しっかりとバックアップを取って大事なデータを保管しておくとほっとしますよ。

スマホのバックアップはとっても大事なのでSDカードへ

11月 6th, 2017

スマホのバックアップも日頃からやっておきたいものですよね。
スマホの故障というのは結構あったりします。
故障だけでなく、やっぱり事故なんかもありますから、そんな時のためにもバックアップはしっかりと取っておきたいものです。
スマホのバックアップも色々な方法があります。
スマホの中にはたくさん大事なデータがあると思います。
簡単な方法としてはSDカードにスマホデータを入れておくといいですよ。
SDカードに入れれるデータとしては、電話帳、メール、動画、写真、音楽などなど色々なデータを入れることができます。
スマホの中にはたくさんデータがあります。
そのデータによってSDカードの容量も考えて入れて置くといいですよ。
SDカードにしっかりとデータを取って保管をしておけば、何かあった時にはすぐにデータを入れることができます。
スマホが壊れてしまえば、データが取り戻せないなんて状態もありえます。
そんな時のためにもしっかりとデータを残しておけるようにしておけば安心ができます。
データを守っていくためには、SDカードをしっかりと活用をしてみてください。
データを取っておけば取っておいてよかったなと感じることができますよ。

スマホの充電が切れた時の最終手段。握力つけながら人力で充電できるモバイルバッテリー

10月 30th, 2017

外出先で必要になるのがモバイルバッテリー。でもモバイルバッテリーそのものの充電が切れたら、どうします? じゃあ、握力つけましょう。クラウドファンディングのIndiegogoで出資を募っている「Energy Portable」は、なかなか心強いモバイルバッテリーです。2600mAhのモバイルバッテリーで、レバーを手で押して引いてと繰り返すと発電ができる代物。握力測定器や災害時用手動発電懐中電灯なんかをイメージしてみてください。それらを足した感じ。ガシガシ発電と充電を同時に行なうこともできますし、蓄電しておき、後で使うことも可能です。接続ポートはUSBで、出力は5V、電流量は2100mAとなっています。急速充電機能はついておりませんが、充電にかかる時間は壁のコンセントで充電するときとほぼ同じくらいです。キャンペーンページでは、今のところ資金の集まり具合があまり芳しくないですが、充電はしたいけど、待っている時間で握力も鍛えたいという、わがままな人にもぴったりのアイテムと言えるでしょう。

スマホのバックアップを習慣に

9月 14th, 2017

スマホのバックアップもとっても大切なものとなります。
データを守るためにもバックアップをして、いざという時のために備えておきたいものです。
バックアップがきちんとできていないような状態だとやっぱりデータを失ってしまう可能性があります。
スマホを使用していれば事故に合う事もそう少なくはないと思います。
スマホが動なくなってしまったなんて経験を思っている方もいるでしょう。
スマホ自体があまり状態がなく電源がつかなくなったなんて事もあります。
そういった時は、バックアップを取っておかなくては電源をつける事ができない状態ではバックアップも取れません。
なので日頃からバックアップを取っておくことは大切なものなのです。
また、水没や画面割れといった事故だってあります。
これも水没して電源が入らない状態ではどうしようもありません。
画面も状態が悪ければ画面が見えず操作だってできなくなってしまいます。
バックアップも設定しておけば自動でバックアップを日頃からやっておくことで事故に備えておくことができるのです。
事故なんて起こらないだろうでいっていてはやっぱりダメだと思うのできちんと見てみてくださいね!