Archive for 4月, 2016

Androidの場合

木曜日, 4月 28th, 2016

Androidの場合iTunesのようないわゆる「母艦」と言われるソフトがありませんので、スマホをケーブルでパソコンに接続して、データを直接パソコンにコピーしたり、バックアップ用のアプリを使用したりするのがよいでしょう。パソコンを持っていない人は、microSDカードにデータを保存しておきましょう。Androidのメニューから「設定」→「microSDと端末容量」をタップすると、データ容量のリストが出てきます。その画面の一番下に「microSDバックアップ」という項目があるのでタップしましょう。そうすると、どのデータをmicroSDにバックアップするのかを選ぶことができますので、必要に応じて選び、保存をしておきましょう。※Androidのバージョンや機種によっては、操作方法やメニュー表示などが異なります。画像はAndroid4.0です。大切なデータを無くす前に、きちんとバックアップを取っておくことで、安心してスマホを使うことができます。故障したときにバックアップを取ろうと思っても、画面が表示できなかったりタップできなかったりと、手遅れになることが多々ありますので、普段からこまめにバックアップを取っておくとよいでしょう。基本的にAndroidの場合は多様なバックアップ方法があります。

DTI SIMのデータプランやデータSMSプラン

水曜日, 4月 27th, 2016

光回線の安価なプランは2年間または3年間の自動更新型で、途中解約には違約金が発生する、いわゆる“縛り”のあるプランも多いです。一方、DTI SIMのデータプランやデータSMSプランには“縛り”がありません。違約金が一切発生しないのです。音声プランについては、最低利用期間(12カ月)以内に解約すると契約解除料9800円が必要になるものの、以降、違約金が発生することはないということですね。月々に利用する通信量は多くなることもあれば、少なくなることもあるのですが、月間の通信利用量が平均して10GB前後となる人であれば、メイン回線を格安SIMにするのは有力な選択肢になるでしょう。DTI SIMのデータプランやデータSMSプランは、契約期間を気にせずいつでも解約できるので、“縛り”のないシンプルなプランを望む人にも、格安SIMはおすすめなのです。これから引っ越す人にも最適な格安SIM。月額料金や通信利用量以外に、利用スタイルの面からも、格安SIMをメイン回線にするメリットを考えてみましょう。光回線などの固定回線のデメリットは、当然ながら自宅でしか利用できないことです。一方、格安SIMは、たとえばモバイルルーターに装着して使用することで、自宅だけでなく外出先にも持ち歩いて、いつでもデータ通信を利用できます。

” ドコモスマホが強い”

火曜日, 4月 19th, 2016

au、docomo、SoftBank、大手キャリアの中で、やっぱり多くの人たちに愛されているスマホはと言えば、ドコモスマホです。やっぱりdocomo、しかしdocomoがなぜ、多くの人たちに愛され続けているのでしょうか。

docomoには、docomoにしかない魅力がしっかり備わっているようです。電波が一番安定しているというのは、やっぱりドコモスマホの大きな、大きな魅力であります。

78,2%の人がドコモの電波に満足と言っています。都会に住むみなさんは、auでも、SoftBankでもいいと言いますが、ちょっと、青春18切符でも使用してぶらり旅をすれば、すぐにdocomoの良さが分かるのではないでしょうか。

田舎でも、山でも、海でも比較的電波が安定しているということは強い!docomoスマホなら、私達は積極的に行動することが出来ます。

夏には、docomoスマホを持って、キャンプへ行こう、ちょっと山でも登ろうというモチベーションも作られることでしょう。

日々進化!スマホカメラ

水曜日, 4月 13th, 2016

写真を撮影する道具は「スマートフォン」という人が増えました。確かにスマートフォンはいつでも手元にあって、手軽に撮影できる便利なカメラです。写りも良くて、年々進化しているスマートフォンのカメラ機能があればカメラはいらないと感じてしまうことでしょう。ただしスマートフォンのカメラ機能には専用カメラにはかなわない点もあります。その最も大きな弱点はズーム機能がないことです。デジタルズームという機能もあるのですが、これは撮影した画像の中心を切りとるだけなので画質が悪くなってしまうのです。コンパクトデジカメも少なくても3倍程度のズームが可能ですし、一眼カメラではレンズをすることでズームに頼らずあらゆる距離の撮影をすることができるのです。レンズを交換すればどんな距離でも撮影できます。スマートフォンでは写真を記録する撮影素子も小さいものが多いです。この撮影素子が小さいカメラでは、背景をボかす(ボケを作る)のが難しくなります。デジタル処理で疑似的なボケを作るものもありますが、あくまでも擬似的な機能なので本物のボケとは少し異なります。また、レンズが明るければボケやすくなりますが、それでもカメラ専用機と比べると限界があるのです。このようにスマホカメラは日々進歩しているスマホカメラですがズーム機能だけはいかんともしがたいところですね

目的別の格安SIMカードの比較

日曜日, 4月 10th, 2016

格安SIMには音声通話プランのある格安SIM(音声通話SIM)とデータ専用の格安SIM(データSIM)の二種類があります。格安スマホや今使っているスマホ(ドコモまたはau)で使う場合では、一般的に音声通話プランのある格安SIMを申し込みます。携帯電話番号を使って電話をすることができるのです。格安SIMや格安スマホを使う人の7~8割くらいは、音声通話プランありの格安SIMを使っています。今使っている携帯電話番号を格安SIMで使いたい場合では音声通話プランありの格安SIMを使うようになります。データSIMの場合では、携帯電話番号を使った電話はすることはできませんが、代わりに050番号を使った電話やLINEの無料電話を使って電話をすることができます。音声通話プランありの格安SIMと比べて月額料金が900円くらい安くなるのです。格安SIMや格安スマホを使う人の2~3割くらいは、データSIMを使っているようです。ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから格安SIMへMNP(乗り換え)する方法を記載しています。070、080、090などの今の自分の携帯電話番号のままで格安SIMへ番号移行することができます。これでMVNOに機種変更することが容易になりましたから、これかもどんどん増えていくことでしょう。

スマホCPU サムスン製とTSMC製の2種類

水曜日, 4月 6th, 2016

あなたのiPhone 6sはどっちのスマホCPU?

とても不思議な質問です。

搭載されたA9プロセッサーがTSMC製かサムスン製という違いがあり、搭載されたA9プロセッサーがTSMC製かサムスン製かで、2時間程度の差が生まれてしまうということです。

iPhone 6sに搭載されたA9プロセッサーが2種類あるなんて、そもそも誰も知らなかったりするものではないでしょうか。しかし、Chipworks社がしっかり調査を行ったということです。

サムスン製とTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)製の二つがiPhoneに存在していた!のです。サムスン製の「APL0898」、それは96平方ミリメートルであり、TSMC製「APL1022」は104.5平方ミリメートルとサムスン製のほうがひと回り小さいです。

iPhone 6sにサムスン製APL0898が、iPhone 6s PlusにTSMC製APL1022がというのならおおかた理解することが出来ますが、iPhone 6s、iPhone 6s Plusどちらにも両製品のプロセッサーが使用されているというのは問題は問題です。